福井の食 美味しいランチ

福井の食べ物についてのブログです

オレボ食堂 オレボステーション米松店 OreBo Station

2017年6月27日

今日は、時間が無かったので、オレボ食堂に入りました。オレボ食堂は待たずに食べられるので、こういう時に便利なんです。

炒飯、お好み焼き、海鮮あんかけシューマイ、油淋鶏、鶏の唐揚、ソースカツ、カニクリームコロッケ、ポテトサラダ、パスタサラダ、フルーツサラダ、味噌汁、お茶。
これだけ盛り付けても523円です。

今日はカニクリームコロッケがあったので2つ食べました。やっぱり美味しいです。

今日は、レンジが温めが効きませんでした。ここのレンジは、どうも使い方が判りません。

orebo6.jpg

2017年1月31日

今日もオレボ食堂に入りました。今日も13:30と時間が遅かったのですが、前回よりは料理は残っていました。
肉料理を中心に、たくさんの種類を盛り付けました。
前回美味しかったカニクリームコロッケはありませんでした。
これだけ盛り付けても629円です。
68度で温めましたが、それほど熱くなりませんでした。レンジがもうちょっと性能良いといいんですが。

orebo5.jpg

2016年11月1日

久しぶりにオレボ食堂に入りました。ランチタイムは1g1円は変わっていませんでした。13:30と時間が遅かったので、料理は無くなっているのものがほとんどで、補充もされていません。チャーハンも1人分すら残っていなく、無料サービスの味噌汁もぎりぎり最後の1杯という感じでした。それでも、なんとかプレートに料理を盛り付けました。チキンロースト、ソースカツ、ホタテクリームコロッケ、鶏唐揚げ、春巻き、ポテトサラダ、麻婆ナス、チャーハンです。
429円でした。
料理が冷たいので電子レンジで暖めました。最初60度で温めたのですが、それほど温かくなく、再度70度で温めました。ホタテクリームコロッケと春巻きは火傷しそうなほど熱くなりましたが、チキンロースト、ソースカツ、鶏唐揚げはぬるいままでした。
相変わらず、不味い料理は無いですが、美味しい料理も無いと思って食べていましたが、意外な事にホタテクリームコロッケはメチャ美味しかったです。

orebo4.jpg

2013年11月26日

今日は時間がなかったので久しぶりにオレボ食堂に入りました。食べたいものをプレートに入れて精算を済ませて、カウンター席で食べました。やっぱり料理が冷たいので電子レンジで暖めました。でも一部しか暖かくなりません。
相変わらず、不味い料理は無いですが、美味しい料理もありません。583円でこれだけ食べられれば文句言えないかな・・・・

オレボ食堂のランチ

2011年12月28日

今日は昼食をとる時間があまり無かったのでオレボ食堂に行きました。時間が遅かったせいもあり料理は冷え切っていました。
さすがに冬に冷えた料理を食べるのはイヤだったので、レジで料理をプレートごと温めても良いですかと聞くと短い時間なら大丈夫と言うので、短い時間ってどれくらいですかと聞くと20秒か40秒だということでした。
とりあえず電子レンジで20秒暖めたのですが、まったく変化が無く、再び40秒暖めたのですが、少しぬるくなった程度でした。これでは電子レンジの意味がありません。
プレートは電子レンジに耐えれる材質のものを使っていると思うので、なんで短時間しか暖められないのか判りません。たまたまレジの人が無知なだけだったのかもしれません。
冬にオレボ食堂を利用する場合は、暖めたほうが良い料理だけを先にとって、電子レンジで暖めてから(2分ほど暖めたほうが良いと思います)サラダなど暖めないほうが良い料理を入れてレジに持っていくのが良いようです。
おなかいっぱい食べて595円でした。
オレボ食堂のランチ

2011年9月20日

今日は惣菜バイキングのお店オレボステーション(OreBo Station)に入りました。オレボステーション(OreBo Station)にはコンビニのスペースと惣菜のスペースと食堂のスペースがあります。
惣菜は約30~40種の料理があり,おのおのに100gあたりの値段がついていますが,ランチタイム(11:00から14:00)とディナータイム(18:00から21:00)はバイキングになっていて,ランチタイムは全て1g1円,ディナータイムは1g1.2円との看板がでていました。100g300円以上する料理もあって,本当に全部が1g1円なのか不安を感じていたのですが,レジへ持っていくと高いのも安いのも関係なく1律1g1円だったので安心しました。
豚の角煮やエビマヨやダシ巻き卵やウインナー,キノコの五目御飯など,いろんなものをプレートに乗せて,合計474gで474円でした。味噌汁はサービスになっていました。
味噌汁以外は,熱々というわけにはいきませんが,いろんなものを好きなだけ食べられるので良いです。外のポスターには御飯は最低150gで惣菜は最高400gまでと書いてありますが,どういう意味かは不明です。惣菜だけで食べるのはダメということなのかもしれません。
丼物やうどん類もあります。

オレボステーションのバイキング

オレボステーション米松店の場所はこちら  福井県福井市米松2丁目24-38

カフェとランチ ありがたや

今日は「カフェとランチ ありがたや」に入りました。
店内に入ると半分が雑貨屋のような感じで、半分がテーブルが置いてある食堂になっていました。
奥の方も部屋があるようでした。
手前のテーブルが置いてある食堂に行こうとすると、奥の方から「何人ですか?」と言われました。びっくりしました。普通、ちゃんと近くに来て聞きますよね。
1人ですと答えると、しばらくして水と紙のお手拭きが出されました。
「カフェとランチ ありがたや」のメニューを見ると、おばんさいランチ(日替わり)1000円、おんぼらーとランチ1200円、ソースカツライス900円、オムドラカレー900円、ありがたバーガー650円がありました。
今日は、おばんさいランチ(日替わり)1000円を注文しました。おばんさいランチは限定販売のようです。ネットで調べると30食のようです。
ランチ注文時の飲み物は200円引きですが、元々飲み物の値段が高い(安くて400円)のでお得感はありません。
注文して10分ちょっとで、おばんさいランチが出されました。
おばんさいランチには、串カツ、魚の焼き物、エビの揚げ物、パスタのサラダとスイカが付いたプレートとおばんさいの盛り合わせと赤米と漬物、味噌汁が付いていました。
水は飲み干してあったのですが、ポットごとお水が出されました。
おばんさい盛り合わせは、とにかく品数が多くて、いずれも味が違っていて、しかも全てが美味しかったです。しかもおばんさいにもお魚やお肉の料理が入っています。
これは凄いです。感動しました。ランチでこれほど多くの種類の美味しい料理を1度に食べた経験は、今までありませんでした。
超お奨めです。

レジの際に、奥の部屋も見たのですが、カウンター席とソファーのテーブル席になっていて、喫茶店風でした。

arigataya.jpg

おばんさい盛り合わせの拡大画像

arigataya2.jpg

カフェとランチ ありがたやの場所はこちら   福井県坂井市徳分田36-14-2

どんぶりダイニング 星みっつ

今日もランチパスポート福井を利用して「どんぶりダイニング 星みっつ」に行きました。
店頭にメニューが掲示されていて安心して入れました。
店内に入るとカウンターに案内されました。
お店は3階あって3階には座敷もあるようです。すぐに水と紙のお手拭きが出されました。
メニューを見ると、日替わりランチ680円、親子丼830円、温玉のせ唐揚げ月見どん630円、ソースかつどん840円、チーズチキンカツどん780円、ローストポークどん880円、牛と豚のカルビユッケどん780円、和牛サーロインステーキどん980円、海鮮どん1280円などがありました。
ランチパスポートはローストポークどん880円が540円です。
ランチパスポートお願いしますと言って、ランチパスポート出せば良いですかと聞くと、今は500円なので良いですということでした。
メニューをよく見ると、4月20日から5月25日までローストポークどんがワンコイン(500円)と掲載されていました。ランチパスポートより安いです。
注文して10分ほどしてローストポークどんが出されました。
ローストポークどんには、ローストポークどんの他に漬物と味噌汁が付いていました。ローストポークどんはソースの味付けが適度に甘めでとても美味しかったです。ローストポークは薄かったですが、その薄さも丼には合っていたようです。
水を飲みほしていたのですが、途中で追加で注いでくれました。

ご飯の量は控えめに感じました。ご飯大盛は+150円です。
とても美味しかったのですが、ローストポークどん880円だと、ちょっと悩んじゃいます。700円程度がちょうど良い値段設定だと思います。せめてご飯大盛がサービスなら少しは納得かな。
500円で食べられたのはラッキーでした。
結局、今日もランチパスポート使って得したなとは感じませんでした。

店頭に火曜日定休になりましたと掲示されていたのですが、今日は開店してました。いろいろとラッキーでした。

ランチパスポートを改めて見て気づいたのですが、コーヒーのセルフサービスもあるようです。特に何も言われませんでした。残念です。

hosimittu.jpg

どんぶりダイニング 星みっつの場所はこちら  福井県福井市中央1丁目10−9

カフェ・ド・ガーデン アルカンシェル

今日は福井アカデミアホテル 1Fにある、カフェ・ド・ガーデン アルカンシェルに行きました。カフェ・ド・ガーデン アルカンシェルにはランチバキングがあります。クチコミで、カフェ・ド・ガーデン アルカンシェルのランチバキングは11:30から15:00までだけど、13:00になると、品数も減るし料理も冷たくなって最低だということなので12時前に入りました。お客は少なく1人でしたが3人掛けのテーブルに案内されました。
カフェ・ド・ガーデン アルカンシェルのランチバキングは大人1200円でした。
これだけ早く行っても、料理がいっぱいという感じでもなく、拍子抜けしました。
途中で無くなってはつまらないので、デザートも最初から確保しました。

arkan1.jpg

豚肉の生姜焼き、チキンソテー、豆腐と肉のすき焼き風煮物、魚の揚げ物、ポテトサラダ、生ハム付サラダ、スモークハム付サラダ、ご飯、味噌汁、マフィン、カステラ、ぶどう、パイナップルを持ってきたのですが、火で保温はしてあるのですが、すでに熱くなくぬるかったです。味付けは、それなりに良く、個人的には、スモークハム、豆腐と肉のすき焼き風煮物、マフィンが美味しかったです。
スモークハムはヤサイサラダの上に少しだけのっているという感じなので、1度にたくさんはとれません。

貧乏症なのでバイキングだとつい食べ過ぎてしまい、お替りを持ってきました。

arkan2.jpg

チキンソテー、スモークハムのサラダ、サバ味噌、エビフライです。サバ味噌は好きではないのですが、味付けの善し悪しがはっきりするので試しに持ってきました。エビフライは最初に無かったのですが追加で出されました。サバ味噌の味付けは良かったです。

そろそろお腹がふくれたのでデザートモードです。

arkan3.jpg

マフィン、アイスクリーム3種、アイスコーヒーを持ってきました。

最後に、アイスクイームをもう一回食べようと思ったら豚バラ肉と卵のオデン味も出ていたので持ってきました。

arkan4.jpg

豚バラ肉と卵のオデン味は肉は硬かったけど味付けは良かったです。

お腹いっぱいになりました。でも1200円払って再び行こうとは思いません。

カフェ・ド・ガーデン アルカンシェルの場所はこちら   福井県福井市菅谷1丁目1−22 福井アカデミアホテル 1F

ガスト 福井坂井店

昼食が遅くなったので、遅くても確実にランチ(17:00まで)をやっているガスト 福井坂井店に入りました。
ガストの日替わりランチは539円で火曜日はタンドリーチキンとまぐろカツでした。ハンバーグ、クリームコロッケ、ソーセージというセットの日もあるようです。できれば、それを食べたかったです。
3種類から選べる647円のランチもあります。
今日は、日替わりランチを注文しました。
水と、スープはセルフになっていました。スープはお代わり自由なのが嬉しいです。
少し待って、タンドリーチキンとまぐろカツのランチが出されました。
タンドリーチキンは衣がカレー味になっているだけで、とてもタンドリーチキンと呼べるものではありませんでした。味も薄く塩をかけて食べました。コストパフォーマンスはあるし、スープ付というのはいいですが、あんまり美味しくは無かったです。

gusto4.jpg

ガスト 福井坂井店の場所はこちら  福井県坂井市坂井町下新庄16-25

がブリチキン 福井駅前店

ハピリンができて、がブリチキン福井駅前店が入店しているのを見つけ、行ってみようと思っていたのですが、火曜日が臨時休業の場合が多くて、そのうちにお昼の営業を止めてしまい結局行けずじまいだったのですが、久しぶりにハピリンに行ったら、がブリチキン福井駅前店が営業していたので入りました。がブリチキン福井駅前店にはカウンター席とテーブル席がありましたがカウンター席に座りました。
すぐに冷たい水が出されました。ランチメニューには、からあげランチプレート780円、からあげネギ塩丼ランチ780円、からあげ照りマヨ丼ランチ780円、男前からあげランチプレート980円がありました。+100円でソフトドリンクが付きます。
今日はからあげランチプレート780円を注文しました。トッピング(ソース)はおろしポン酢、怪味、明太クリーム、チリトマト、柚子胡椒、ハニーマスタードマヨから選べたので柚子胡椒を頼みました。

それほど待つ事無くスープが出され、その後すぐにランチプレートが出されました。スープはそれほど美味しくはなく、御飯もそれほど美味しくなかったです。からあげは、皮が薄くてカリっとして美味しかったです。フライドポテトは皮が厚く硬く中身は干からびた感じで不味かったです。サラダはなんの工夫もなく、ただ付いているってだけのものでした。
柚子胡椒のソースは選んで正解だったと思います。

gaburi.jpg

がブリチキン福井駅前店の場所はこちら   福井県福井市中央1丁目2−1 ハピリン 1F

江戸屋

今日は、江戸屋に入りました。この場所に食堂があるのは知っていたのですが、大盛で有名なお店だとは知らなかったのです。
結構早めに入ったのですが、それなりにお客が入っていて、それからも次から次へとお客が入っていました。
店内にはギャル曽根が江戸屋に来た時の写真や、来店した有名人?のサイン入り色紙が飾られていました。
江戸屋の定番はひっで丼(御飯にたっぷりのキャベツ、豚肉のカツ、豚肉の焼肉、豚肉の天ぷらを乗せソースをかけたもので御飯も300g)900円。ひっで丼デラックス(ひっで丼をさらにパワーアップして御飯400g)1200円です。その他に丼のデカ盛りが各種あります。
ここは、ひっで丼を注文して写真を撮りたいところですが、完食する自信が無かったので断念しました。
それで、和風ぼるがらいす(御飯250g)850円を注文しました。
和風ぼるがらいすは、ミニうどんが付いているのですが温かいのと冷たいのを選べるので、冷たいのを選びました。
和風ぼるがらいすは、御飯はあっさりしたデミグラスソースで合えてあり、ふっくらとした玉子焼きで包み、その上にトンカツを乗せて、あっさりしたデミグラスソースをかけたものです。まさしく和風です。ミニうどんは、おろし蕎麦の蕎麦の代わりにうどんを入れたようなものでした。
やっぱり無理してでも、ひっで丼を注文した方が良かったなあと思います。

edoya.jpg

江戸屋の場所はこちら  福井県越前市高瀬2丁目6−15

マッチボックス

今日は、マッチボックスに入りました。マッチボックスには以前にも入ろうとした事があったのですが、日替わり定食が丼だったので、がっかりして入らなかったのでした。
マッチボックスの店頭に日替わりのメニューが出てるので、内容が好みでなければ入らなければ良いので助かります。
今日の日替わり定食800円は大好きなカニクリームコロッケだったので、超ラッキーでした。カニクリームコロッケの他に、野菜炒め、煮物、生卵、ライス、みそ汁、ドリンク付と書かれていました。
店内に入ると、タバコの煙が充満していて、思わず後ずさりしました。マッチボックスの店内にはカウンター席やテーブル席などがあり、それなりに広いのですが、どちらに行ってもタバコ吸っている人がいて、帰りたくなりました。
店名がマッチボックス(マッチ箱)なので、タバコ吸って当たり前ですよね。
マスターにタバコの煙を吸わなくて済む場所はないですかと聞くと、もう1時過ぎてるから、帰る人がいたら、そちらに移動することができますからと言われて、とりあえずカウンターに座りました。
今日は日替わり定食を注文しました。ドリンクを選べるという事だったのでアイスコーヒーを頼みました。
しばらくすると、お店を出る人がいて、タバコの煙を吸わなくて済むテーブル席に案内されました。
今日の日替わり定食は、カニクリームコロッケの他に、焼きそば、切り干し大根の煮物、野菜サラダ、生卵、ライス、みそ汁、漬物、ドリンク付と書かれていました。
カニクリームコロッケは1個ですが、かなり大きく、クリームの味も良かったのですが、形が原型をとどめていなくて、箸で取ろうとすると、ぽろっぽろっと壊れてしまいます。
御飯の量はかなり多かったです。生卵はどうやって食べるのかわかりませんでしたが、玉子かけ御飯にして食べる事にしました。でも御飯が多すぎて玉子1個では中途半端です。
アイスコーヒーは、食後ちょうど良いタイミングで出されました。
マッチボックスの日替わり定食は家庭の味たっぷりで満腹になりました。
水は飲み干してあったのですが、追加で注いでくれました。
食事をしている最中にも、お客がぽつりぽつりと入ってきました。

mattibox.jpg

マッチボックスの場所はこちら  福井県坂井市丸岡町一本田中33−25

餅の田中屋 本店

越前市の「四季の餅 あめこ」のあべかわ餅を食べたくて、買いに行ったのですが休業になっていて買えませんでした。先月も休業で買えなかったのです。火曜日は時々休業にしているのかもしれません。
そういう訳で、餅の田中屋 本店にあべかわ餅を買いに行きました。餅の田中屋 本店のあべかわ餅は餅と黄な粉と黒蜜が別々になっていて自分で混ぜて食べるようになっています。量によって大中小があったので大を購入しました。550円でした。
餅の田中屋 本店はチーズケーキも人気のようなので買ってみました。ホールの半分で380円でした。

餅の田中屋 本店のあべかわ餅は、餅が硬めで、黒蜜も味が濃い目で個人的には好みではありませんでした。購入してから9時間たって食べたので硬かったのかもしれませんが、「四季の餅 あめこ」のあべかわ餅は9時間たっても柔らかいです。やっぱり「四季の餅 あめこ」のあべかわ餅のほうが美味しいです。

tanakaya1.jpg

餅の田中屋 本店のチーズケーキは、あっさり味です。ホールの半分でも結構大きいです。値段は手頃な設定だと思いました。

tanakaya2.jpg

餅の田中屋 本店の場所はこちら   福井県福井市勝見3丁目17−6

福福茶屋

今日は、新しくオープンしたハピリン2階にある福福茶屋に入りました。福福茶屋はお土産屋さんの中の一部が飲食ブースになっているって感じです。
店頭にメニューが掲示されていて、そばや、海鮮丼やソースカツ丼、ちらし寿司などもありますが、ほとんどの人が郷土料理バイキング(11:00から14:00限定)626円を注文していました。郷土料理バイキングは、御飯や味噌汁は別(おかわり自由で御飯・味噌汁・漬物で302円)です。
その他に定食としては、のどぐろ塩焼き定食2376円、甘鯛塩焼き定食1598円、むつ照り焼き定食1598円、お造り定食竹1706円、お造り定食梅1382円、越前かれい一夜干し定食1058円などがあります。
観光客が喜びそうな料理のオンパレードです。

入口の方で、席に案内されるシステムになっていて、1人だと言うと大きな相席になっているテーブル席に案内されました。タオルのお手拭きと冷たいお茶が出されました。
今日は郷土料理バイキング626円と御飯(味噌汁・漬物付)302円を注文しました。バイキングの料理をのせるプレートが出されました。
バイキングの料理には、出汁巻き玉子・こんにゃくとちくわの炒め物・ごぼうの甘辛炒め・はたはたの唐揚げ・野菜のかき揚げ・野菜の天ぷら・イカの天ぷら・玉ねぎきゅうりハムのマリネ・卯の花・炒りごんぼ・ぜんまい煮・切り干し大根煮・たくわん煮・新じゃがころころ煮・ポテトサラダ・打ち豆ひじき煮・黒豆煮・煮豆などがありました。
少量ずつ、いろんな種類の料理をのせてきました。でもいつまで待っても御飯が来ません。待ちきれなくて呼びボタンを押して催促しました。
料理は、特別美味しいものは無いのですが、不味いものもありません。
別に御飯が無くても良ければ626円で、お腹いっぱい食べることも可能です。

hukuhukutyaya.jpg

福福茶屋の場所はこちら   福井県福井市中央1-2-1 ハピリン 2F