福井の食 美味しいランチ

福井の食べ物についてのブログです



食堂カフェ 萌菖軒(みよしょうけん)

今日は鯖江市の食堂カフェ 萌菖軒に行きました。
食堂カフェ 萌菖軒は、自動車が入れない小路を入ったところにあり、駐車場も無いということで、鯖江の地理にも疎かったこともあり、西山公園の駐車場に停めて、てくてくと歩いて行きました。でも、食堂カフェ 萌菖軒の近くの大通りは片側(1ヶ月ごとに駐車側が変更になる)駐車可能になっていました。
食堂カフェ 萌菖軒は11:30から14:30までの営業ですが11:45にお店に入りました。食事のお客は自分が最初だったようです。店内には2人掛けのテーブル席と4人掛けのテーブル席があったのですが、半分が予約になっていました。
2人掛けで予約の無い席があったので、ここで良いですかと聞くと、最初に料理を選んで下さいということでした。
メイン料理(今日は赤魚の梅シソソース、豆まめミートローフから1つ選ぶ)、サラダ(ひじきと堅豆腐と黒米のサラダ、ポテトとクリームチーズのバジル風味から1つ選ぶ)、サイド(わかめと糸こんにゃくのきんぴら、きゅうりのおひたし、夏野菜のヨーグルトあえ、有精卵だし巻き卵から2つ選ぶ)を選びます。料金は1150円です。
今日は豆まめミートローフ、ポテトとクリームチーズのバジル風味、夏野菜のヨーグルトあえ、有精卵だし巻き卵を選びました。テーブル席に座ると、箸、紙のおしぼり、ナプキン、冷たいお茶が出されました。料理ができているので、すぐに料理が出されるのかと思っていましたが、15分ほど待たされました。
12:00には満席になり、店頭に「只今満席です。お待ち下さる方はお名前をスタッフにお伝え下さい。尚、お席が用意でき次第の案内になるため待ち時間にはお答えできません。ご了承下さい」と貼紙が掲示されていました。
豆まめミートローフ、ポテトとクリームチーズのバジル風味、夏野菜のヨーグルトあえ、有精卵だし巻き卵、ご飯、味噌汁が付いていました。冷たいお茶が入った急須も出されました。食後のコーヒーはセルフになっていて、ご飯のお替りもできると説明されました。
どの料理も、心がこもっていて美味しくて、ハズレが無かったです。満足しました。
他のお客の注文を聞いていたのですが、ほとんどのお客は同じものを注文していました。遅く行くと料理の種類が減るのかもしれません。
食後のコーヒーも美味しかったです。

食堂カフェ 萌菖軒のランチ

食堂カフェ 萌菖軒の場所はこちら   福井県鯖江市本町3-3-2



コミュニティカフェ・ここる

今日は鯖江の西山公園に隣接した饗陽会館(ハローワークがある建物)にあるコミュニティカフェ・ここるに入りました。
コミュニティカフェ・ここるは外からも直接入れます。
店頭には本日のランチ750円の内容が掲示されていて、昇竜マイタケの天麩羅、バンバンジー、キャベツとはんぺんのピリ辛炒め、インゲンの胡麻和えということでした。事前に調べた情報によると680円だったので値上げされたようです。
コミュニティカフェ・ここるにはテーブル席と小上がりの席とカウンター席がありましたが、それほど多くのテーブルが空いてなかったので1人だということもあってカウンター席に座りました。
すぐに紙のおしぼりと冷たい水を持ってきてくれました。日替わりヘルシーランチを注文すると、ミニ蕎麦の付いたのもありますと言うので、ランチに種類があるのですかと聞くと、ランチに蕎麦付きというのもあるということでメニューを見ると通常のランチが750円でミニ蕎麦付が1000円でした。
普通のランチで良いですと答えました。ご飯が白米と玄米を選べるということなので玄米を頼みました。
コミュニティカフェ・ここるではフリーのWiFiが使えました。嬉しかったです。ついでに西山公園の紅葉も見てきたのですが、西山公園でもフリーのWiFiが使えました。
最初に、蕎麦の麺で作った焼き菓子が出されました。甘めの味付けで美味しかったです。
少し待って日替わりヘルシーランチがのったトレーが出されました。
マイタケと野菜の天麩羅、バンバンジー、キャベツとはんぺんのピリ辛炒め、インゲンの胡麻和え、味噌汁、玄米、漬物が付いていました。
マイタケと野菜の天麩羅にはソースや天つゆが付いていなかったので塩をかけて食べました。バンバンジー、キャベツとはんぺんのピリ辛炒めは味が薄めでした。漬物はカレー味でした。
食事が終わってレジに行くと800円と言われました。なにげなく差額は8%の消費税なのかなと思っていたのですが、計算が合いません。なんなんだろう?

ここるの日替わりヘルシーランチ
ここるの日替わりヘルシーランチ

コミュニティカフェ・ここるの場所はこちら  福井県鯖江市桜町2-7-1 饗陽会館



ぴーぷ留

今日は鯖江市の「ぴーぷ留」に入りました。看板には海鮮・肉料理と書かれていました。
店内に入ると、カウンター席とテーブル席と、簡易増築したような屋根付きのガーデンスペースがありました。
テーブル席に座ると、冷たいお茶と、冷たいタオルのおしぼりが出されました。メニューを見ると、にぎわい海鮮丼1720円、うな重1720円、刺身御膳1620円、すき焼き御膳1620円、和風ハンバーグ御膳1080円、焼肉御膳1380円などがありましたが、ちょっと高めなのでランチメニューは無いのですかと聞くと、ランチバイキングがあるというので、ランチバイキングにする事にしました。
ランチバイキングは880円で、ドリンクバー2杯が+120円で付けられます。
ランチバキングは火曜日から金曜日の14時までです。
最初に、ご飯味噌汁、おろしそば、温そば、ざるそば、温うどん、ざるうどん、塩ラーメン、ざるラーメンから一品頼んで、あとは好きなものを好きなだけとって食べます。
ランチバイキングの料理は、簡易増築したような屋根付きのガーデンスペースにありました。
バイキングの料理は、煮カツ、鶏唐揚、コロッケ、イカ焼き、豚肉炒め、ナスの煮物、焼きそば、鯖焼き、鯖味噌煮などがあり、冷蔵庫に野菜の惣菜、刺身、野菜サラダ、豆腐冷奴などがありました。冷蔵庫の料理はそれぞれ1品までの制限があります。つまり刺身2皿とか野菜サラダ2皿という食べ方はできないとうことで、刺身と野菜サラダと豆腐冷奴を同時に選ぶ事は可能なようです。
今日はざるラーメンを頼んで、煮カツ、鶏唐揚、イカ焼き、豚肉炒め、ナスの煮物、鯖焼き、刺身を盛り付けました。
特別に美味しいものは無かったのですが、不味いものも無く無難な感じです。
値段としては、まあまあかなと感じましたが、オレボ食堂でめいっぱい食べて600円と較べると、お得感はないかもしれません。大食いの人にはお得かもしれません。
食事を終えてレジに行くと、コーヒーはいかがですかと言われて、ランチバイキングにはセルフでホットコーヒーが付くことを知りました。ランチバイキングの説明を見ると、ちゃんとセルフコーヒーもご自由にと書かれていました。
そういう訳で、コーヒーもいただいてきました。

ぴーぷ留のランチバイキング
ぴーぷ留のランチバイキング

ぴーぷ留の場所はこちら   福井県鯖江市丸山町2-1-26



ヨーロッパンキムラヤ

今日、ヨーロッパンキムラヤで大福あんぱんを購入しました。大福あんぱんは、パンの中にお餅と餡子が入っています。1個189円でした。冷凍してあるので40分たったら食べれるようになりますとの説明がありました。家に帰ってから食べてみました。
最初は、そのまま食べました。餡子がほどよく甘くて美味しかったのですが、それほどインパクトは感じませんでした。残り半分を電子レンジで温めました。そしたら餅と餡子が飛び出してお皿にびちょっとひっついてしまいました。スプーンで、餅と餡子をすくって食べました。とても美味しかったです。1個そのまま暖めれば、餅と餡子が飛び出すことは無いでしょう。熱々なので、口の中を火傷しないように注意しないといけません。

ヨーロッパンキムラヤ の大福あんぱん

ヨーロッパンキムラヤの場所はこちら   福井県鯖江市旭町2-3-20



ペガサス

日替わりランチの看板が目に入ってペガサスに入りました。
店内に入ると本日のランチの内容が掲示されていました。日替わりランチは800円でした。店内に入った途端、煙っぽくて後ずさりしたのですが、気を取り直して中に入りました。入口に近いところがカウンター席になっていて、そちらのほうからタバコの煙が漂ってきたようです。
奥に入るとテーブル席がいくつもある部屋があって、そちらのほうは禁煙になっていました。でもタバコの臭いが染み付いていました。
テーブルに座っていると、お店の人がやってきて、びっくりした顔をしていました。お店に入ってきたのに気が付かなかったようです。
すぐに、タオルのおしぼりと冷たい水を持ってきてくれました。日替わりランチをお願いしますというと、日替わりランチにはポークソテーとトンカツがあるというのでポークソテーを頼みました。
ペガサスには漫画や雑誌がたくさん置かれていて、待っている時に手持ち無沙汰だったので、雑誌をとってきました。入口のところに雑誌が置かれているのですが、そこに、押しボタンが置いてありました。お店に入る人は押しボタンを押してから入るシステムになっているようです。
雑誌を読んでいると、お店の人が「席をかえますか?」と言うので、なんで席を変えなければいけないのかなと怪訝に思ったのですが、雑誌をとって戻った時に、間違って、最初に座ったテーブルと違うテーブルに座っていたのでした。よく見たら、水とおしぼりが隣のテーブルに置かれました(笑!)。別に、席を変えたい訳ではないので、元の席に戻りました。
しばらく待つと、日替わりランチが出されました。日替わりランチには、ポークソテーの他に、エビフライ、刻みキャベツ、ポテトサラダ、味噌汁、昆布の佃煮、漬物、ご飯がついていました。味については、特にコメントすることはありません。
食事を終えて、レジのところに行き、ご馳走様と言うと、コーヒーを出しますのでと言うので、テーブルに戻りました。
出されたコーヒーを飲んで、再びレジのところに行き、ご馳走様と言うと、あらはや飲んだのって言われました(笑!)
帰る時には13:30を過ぎていたのですが、本日のランチの内容の掲示が無くなっていました。日替わりランチは13:30までなのかもしれません。

ペガサスの日替わりランチ

ペガサスの場所はこちら   福井県鯖江市北野町2-10-6



旬五膳

ランチ好評の掲示と昼時はいつも満車なので気になっていたのですが、今日やっと入ることができました。店頭にメニューとかの掲示がなくて高かったらどうしようと思って、中を覗くとメニューが掲示されていてランチが1200円からだったので安心して入れました。ランチメニューは1200円のランチは5種類の刺身の盛合わせ、小鉢2種、茶碗蒸し、白米釜炊き、香味、味噌汁、珈琲。1500円のランチは5種類の刺身の盛合わせ、小鉢2種、選べる焼き物、茶碗蒸し、選べる釜飯(白飯もしくは本日の釜飯)、香味、味噌汁、珈琲。2000円のランチは予約のみで先付け6種類盛り、5種類の刺身の盛合わせ、小鉢2種、選べる焼き物、茶碗蒸し、選べる釜飯(白飯もしくは本日の釜飯)、香味、味噌汁、デザート、珈琲。
戸を開けると、店員さんが出迎えに来ます。靴をぬいて店内に入り、店員さんに案内されました。畳敷きの部屋に2人用のテーブルと椅子の席に案内されました。店内は明るく、JAZZがかかっていて落ち着けます。
タオルのお手拭と、熱いお茶が出されました。今日は1200円のランチを注文しました。他の客を見ると1500円のランチを頼む人が多かったようです。
20分以上待って最初に釜に入ったご飯が出され、その後に料理が出されました。注文を聞いてからご飯を釜で炊くので時間がかかるようです。
1200円のランチには、甘エビ・かつお・ブリ・イカ・鮭の刺身盛合わせ、野菜の天麩羅、タコのヌタ、具の多い茶碗蒸し、海草の味噌汁、釜で焚かれたご飯、漬物がついていました。
最初にご飯を食べてみました。ご飯は熱々で、少し硬めで米粒が1つ1つ独立して存在していました。絶妙の炊き具合です。自分好みのご飯で感動しました。大袈裟ではなく今まで食べたご飯の中で一番美味しいと思いました。
刺身はどれも新鮮で美味しかったですし、天麩羅もサクサクした食感で美味しかったです。タコのヌタも絶妙の味付けで美味しかったですし、茶碗蒸しも味噌汁も美味しかったです。漬物は全部同じものかなと思って食べたのですが、違う味の漬物が入っていて嬉しい驚きでした。食後のコーヒーも美味しかったです。
旬五膳のランチは超満足しました。1500円のランチも2000円のランチも内容からすると決して高くはないと思います。
旬五膳のランチは超お奨めです。
鯖江は福井県の中でも和食の美味しいランチの店の最激戦区だと思います。
旬五膳のランチ

旬五膳の場所はこちら   福井県鯖江市糺町33−5



インド・ネパール料理 サプナ

今日は鯖江市のインド・ネパール料理 サプナに入りました。インド・ネパール料理 サプナは愛知県を中心にしたチェーン店のようです。
インド・ネパール料理 サプナの店頭には日替わりのカレーが掲示されていて今日はほうれん草とチキンのカレーでした。
店内に入ると大小のテーブルがあり、奥のほうのテーブルに座りました。
すぐに冷たい水とタオルのおしぼりが出されました。
ランチメニューを見ると、Aセット(野菜カレー、ナン、サラダ、ドリンク)750円、Bセット(チキンカレー、ナン、サラダ、ドリンク)800円、Cセット(キーマ・ポーク・日替の中の1種のカレー、ナン、サラダ、ドリンク)850円、サプナランチ(4種のカレーから選べるカレー、ナン、サフランライスorライス、ガーリックチキン、サラダ、ドリンク)1000円、ネパールランチ(5種のカレーから選べるカレー、ナン、シークカバブ、タンドリーエビ、アチャール、パパド、サラダ、ドリンク)1250円、ニューデリ-ランチ(5種のカレーから選べるカレー・ナン・サフランライスorライス・生春巻き・サモサ・ドリンク)1150円 、デラックスランチ(3種のカレー・ナン・シークカバブ・タンドリーチキン・生春巻き・サフランライスorライス・ドリンク)1450円、カレーライス750円、お子様ランチ490円などがありました。ちなみにナンはお替りができるそうです。
店員さんに日替わりランチってあるんですかと聞くと、Cセットが日替わりのカレーを食べられますということでした。
せっかくだから、日替わりのカレーのCセットを注文しました。
飲み物はチャイ、紅茶、コーヒー、ウーロン茶、ラッシー、コーラ、オレンジジュース、アップルジュースから選べるというのでラッシーを頼みました。6種類の辛さが選べるということで辛いを頼みました。
それほど待つことなく日替わりのカレーのCセットが出されました。
本当はほうれん草のカレーは好きでは無いのですが、美味しく食べる事ができました。
ナンもボリュームがあって美味しかったです。
水は飲み干してあったのですが追加で注いでくれました。

sapuna.jpg

インド・ネパール料理 サプナの場所はこちら  福井県鯖江市水落1丁目14-13



当り矢

今日は鯖江の当り矢に入りました。当り矢では店頭に日替り定食800円、サイコロステーキ定食800円と掲示してあり安心して入れました。ドアを開けて奥のほうに進むと、蓋のある下駄箱があり厨房の前を通って飲食スペースに入ります。下駄箱が下駄箱なのか判りにくくて、最初、靴のまま入るのか、靴の脱ぐのかよくからず当惑しました。
しばらく周りを見回していると店員さんの顔が見えて1人なんですけどと言うと、カウンター席でお願いしますと言われました。当り矢の店内には板の間に小さなカウンター席とテーブル席がありました。
カウンター席に座ると冷たい水と紙のおしぼりが出されて日替わりランチをお願いしますと言うと、サイコロステーキかお造りだといことで、お造りをお願いしました。
当り矢のメニューを見ると日替り定食は数量限定で、その他に肉炒め定食950円、野菜炒め定食900円、鳥唐揚げ定食900円、カツ定食1100円、エビフライ定食1100円、ハンバーグ定食1100円がありました。日替り定食が断然お得です。

ご飯は普通と大盛りを選べるようなので普通でお願いしました。
しばらく待つと、お造りの日替り定食が出されました。お造りの日替り定食には、スジカツオの炙り、スズキ、マグロ、ハマチの4種の刺身の盛り合わせ、冷奴、野菜サラダ、もずくの酢の物、漬物、味噌汁、ご飯がついていました。
刺身は、いずれも美味しかったし、スジカツオの炙り、スズキ、ハマチは新鮮さを感じました。その他の料理もとても美味しかったです。
大満足でした。当り矢はお奨めです。

他の客が注文したサイコロステーキも熱々のプレートにのっていて美味しそうでした。
水は飲み干してあったのですが、特に配慮は無かったです。

鯖江には気合の入った和食のランチを提供するお店が多いです。

当り矢の日替り定食

当り矢の場所はこちら   福井県 鯖江市三六町2-1-3



中国料理 龍昇

今日は鯖江の中国料理 龍昇に入りました。中国料理 龍昇は小さくてプレハブの工事現場の事務所のような建物なので,女性はまず入らないと思います。店内に入ると,テーブル席が4つだけのお店で,簡素の極みって感じです。
店員は接客の女性とコックの2人だけでやっているようで2人とも台湾の人のようです。接客の女性は可愛くて素敵でした。
今日はオープン記念第2弾ということで,12の料理が480円均一で,9の料理が280円均一でした。通常のメニューとしてはラーメンセット(ホイコー飯,炒飯,高菜炒飯,中華飯,天津飯,麻婆飯,御飯と餃子のいずれかの御飯物と,台湾ラーメン,醤油ラーメン,塩ラーメン,豚骨ラーメン)が昼650円,夜800円というのがあり,その他に定食としては酢豚定食,八宝菜定食,エビチリ定食,豚肉とザーサイ炒め定食,豚肉と木耳炒め定食,回鍋肉定食,麻婆豆腐定食,青椒肉絲定食,ニラレバ炒め定食,牛肉のカキ油炒め定食,生ビール定食,餃子定食,飲茶定食いずれも800円がありました。800円の定食は御飯のおかわりは自由で,100円追加するとスープをラーメン(醤油ラーメンか台湾ラーメン)に変更できます。
今日はエビチリ(780円がオープン記念480円)と高菜炒飯(500円がオープン記念280円)を注文しました。
それほ待たなく,両方の料理を一緒に持ってきてくれました。
エビチリは味は悪くないけど個人的に嫌いな味(ケチャップ味が強い)でした。高菜炒飯も好みの味ではありませんでした。普通の炒飯が無く,高菜炒飯とにんにく炒飯しかないと思って高菜炒飯を注文したのですが,後でメニューを見直すと普通の炒飯もありました。完全に注文ミスで中国料理 龍昇の料理が美味しくないという事ではないです。他のものを注文したら美味しく食べられたのだと思います。
お店に出たときにお店の看板に日替わり定食500円と掲示されているのに気づきました。日替わり定食はメニューには掲載されていなかったし,店内にも掲示されていませんでした。
中国料理 龍昇のエビチリ
中国料理 龍昇の高菜炒飯

中国料理 龍昇の場所はこちら  福井県鯖江市北野町2丁目19番地18



遊食楽呑 かんきち

今日は鯖江市の「遊食楽呑 かんきち」に行きました。
店頭に日替りランチの内容が掲示されていて,今日は赤魚の煮付けでした。魚の煮物は好きでは無いので,ちょっとがっかりしました。魚の名前を掲示しなくて,赤魚と書いてあるのは,輸入物の無名な魚なのかなあって印象を与えます。
「遊食楽呑 かんきち」の店内に入ると,1人だということでカウンターにどうぞということで,カウンターに座りました。すぐにタオルのおしぼりと,冷たい水が出されました。
「遊食楽呑 かんきち」のメニューを見ると昼のランチ(14:30まで)として日替りランチ924円,ミニ丼のランチ1029円,お刺身の定食1050円,お寿司の定食1050円,天ぷらの定食1050円,唐揚の定食892円,イカ天の定食892円,焼き魚の定食892円,1日10食限定の会席和定食1350円などがありました。
とりあえず,日替りランチを注文しました。刺身と寿司とどちらかを選べますと言われたので,刺身を頼みました。メイン料理が赤魚の煮付けだけだと思っていたのでビックリしました。
しばらく待って日替りランチが出されました。
「遊食楽呑 かんきち」の日替りランチには,赤魚の煮付けと刺身の盛り合わせ(エビとタコと鮭とブリ),野菜サラダ,もやしと野菜のおひたし,茶碗蒸し,御飯,魚のアラのおすましがついていました。
赤魚の煮付けは半身で骨が全くなく,輸入物の無名な魚なんだろうって気はするのですが,味付けが抜群で最高に美味しかったです。刺身も鮮度が抜群で美味しかったし,他の料理も文句なしに美味しかったです。満足しました。
食事を待っている間も,食べている間も,次から次へとお客が入ってきました。「遊食楽呑 かんきち」は人気のあるお店のようです。
鯖江って,安くて美味しいお和食のランチの店が多いです。

遊食楽呑 かんきちの日替りランチ

遊食楽呑 かんきちの場所はこちら  福井県鯖江市三六町1-14-6