福井の食 美味しいもの食べたい

福井の食べ物についてのブログです

割烹 文七

2012年6月5日

今日は割烹 文七に入りました。割烹 文七の店頭にはランチメニューが掲示してあるので安心して入れます。割烹 文七の店内は座敷の席とカウンター席がありカウンター席に座りました。
すぐに氷の入ったお茶と良い匂いがするタオルの熱々おしぼりが出されました。
割烹 文七のランチメニューには、日替わり定食820円、豚の角蒸し定食1050円、お刺身定食1200円、本日の焼き魚定食820円、豚の角蒸し丼(サラダ、味噌汁付き)980円、海鮮丼(サラダ、味噌汁付き)1100円、ソースカツ丼(サラダ、味噌汁付き)880円、お刺身DX定食1590円、豚の角蒸しDX定食1480円などがありました。
いずれもコーヒーかアイスクリームが付くそうです。
今日は日替わり定食820円を注文しました。食後はアイスコーヒーでお願いしました。
ちょっと待って日替わり定食が出されました。
今日の日替わり定食のメイン料理は白身魚のフライで、たくあんの煮物、魚のアラの煮物、かたはの煮物、野菜サラダ、御飯、味噌汁がついていました。
白身魚のフライはボリューム満天だったのですが衣が硬めなのか気になりました。たくあんの煮物、魚のアラの煮物、かたはの煮物は味付けが絶妙でめちゃくちゃ美味しかったです。割烹 文七は煮物が美味しいお店のようです。
ちなみに後で知ったのですが、割烹 文七は豚の角蒸しが美味しいと評判なのだそうです。やっぱり煮物が美味しいお店なのだと納得しました。

氷の入ったお茶は飲み干してあったのですが追加で入れてくれました。食後のコーヒーも美味しかったです。
とても有意義な昼食をとれたと思いました。今度は豚の角蒸し定食を食べてみたいと思います。


割烹 文七の日替わり定食

2012年7月24日

割烹 文七は豚の角蒸しが美味しいと評判ということで食べに行きました。
カウンターに座ってすぐに、豚の角蒸し定食1050円を注文しました。
きんきんに冷たやしたタオルのおしぼりと冷たいお茶を出してくれました。

割烹 文七の豚の角蒸し定食には、豚の角蒸しとナスの焼き物、糸こんにゃくとピーマンの煮物、野菜サラダ、味噌汁、ご飯、漬物、アイスコーヒーがついていました。
豚の角蒸しは、柔らかくてあっさりとして和風の味付けで、とても美味しかったです。ナスの焼き物もとても美味しかったです。

冷たいお茶は飲み干してあることに気づいて、追加で注いでくれました。

高校生がグループで食事に来ていたのですが、ご飯のお替りを頼んでいました。ご飯のお替りは無料のようです。

帰り際に、お客が入ってきてカウンターでいきなりタバコを吸い始めました。食事中にタバコの煙攻撃に合わなくて良かったです。。
ちなみに、タバコの臭いはそれほど感じませんでした。タバコの臭いがしないように空調に工夫してあるのかもしれません。

割烹文七の豚の角蒸し定食

閉店しました

割烹 文七の場所はこちら   福井県福井市文京2丁目6−25

コメント(3)

とし 返信

俊様、ご返事ありがとうございます。
和食が好きなのでお勧めのこの2店は気になっていました。是非今度行きたいと思います。

返信

としさん、コメントありがとうございます。お役に立っているようで嬉しいです。
福井市でのお勧めベストのお店を選ぶのは難しいです。いろんな部門の料理があるので一概に決められません。
あえて選ぶなら、1000円出しても良いなら酔菜 吉左右がお奨めです。
安くてコストパフォーマンスが高いということでは花子の家かな。500円で刺身付きだったのでびっくりしました。駐車場が無いのが難点です。
個人的にエスニック料理が好きなので、アジアンキッチンchanomaは感動しました。1度しか行ってないのですけど。

とし 返信

いつも楽しみにしてチェックしています。
この店もこのブログを見て2回ほど行きました。

ご夫婦で普段やられているのか1回目の時は二人でテキパキ作業されててお茶やデザートのタイミングも良かったですが、2回目の時はご主人が一人でやっていて忙しそうでした。

こじんまりしていて雰囲気も好きなので今度は夜に職場の仲間と利用したいですね。

今度今までのお店の中でのお勧めベストを教えて欲しいです。出来れば福井市内で。

コメントする