« 2016年4月 | 2016年5月 | 2016年6月 »

2016年5月24日

●餅の田中屋 本店

越前市の「四季の餅 あめこ」のあべかわ餅を食べたくて、買いに行ったのですが休業になっていて買えませんでした。先月も休業で買えなかったのです。火曜日は時々休業にしているのかもしれません。
そういう訳で、餅の田中屋 本店にあべかわ餅を買いに行きました。餅の田中屋 本店のあべかわ餅は餅と黄な粉と黒蜜が別々になっていて自分で混ぜて食べるようになっています。量によって大中小があったので大を購入しました。550円でした。
餅の田中屋 本店はチーズケーキも人気のようなので買ってみました。ホールの半分で380円でした。

餅の田中屋 本店のあべかわ餅は、餅が硬めで、黒蜜も味が濃い目で個人的には好みではありませんでした。購入してから9時間たって食べたので硬かったのかもしれませんが、「四季の餅 あめこ」のあべかわ餅は9時間たっても柔らかいです。やっぱり「四季の餅 あめこ」のあべかわ餅のほうが美味しいです。

tanakaya1.jpg

餅の田中屋 本店のチーズケーキは、あっさり味です。ホールの半分でも結構大きいです。値段は手頃な設定だと思いました。

tanakaya2.jpg

餅の田中屋 本店の場所はこちら   福井県福井市勝見3丁目17−6

●CAFFE&BAR PRONTO (カフェ&バー プロント)

今日は、ハピリンにあるCAFFE&BAR PRONTO (カフェ&バー プロント)に入りました。
店頭にメニューが掲示されていて安心して入ることができます。
CAFFE&BAR PRONTO (カフェ&バー プロント)では、最初にレジにて注文して支払いも済ませます。
食事はパスタがメインなのですが、濃厚トマトソース(生パスタ)790円、北海道産イクラとたらこのスパゲティ790円、小海老のトマトクリーム(生パスタ)790円、海老とアボガドのバジルソース(生パスタ)820円、ナスとベーコンのトマトソース690円、3種チーズのカルボナーラ790円、揚げナスと厚切りベーコンのおろし和風690円、鉄板ナポリタン720円、じゃこと辛子高菜の和風590円、辛子明太子690円、厚切りベーコンときのこのペペロンチーノ690円などがあります。サラダとドリンク付だと+300円になります。種類によっては生パスタを使っているのが興味深いです。

テーブルには電源が付いていました。WiFiも設置してあるようですが、フリーで使えるかは確認してません。

今日は、3種チーズのカルボナーラを注文しました。
最初、全部が生パスタなのだと思って3種チーズのカルボナーラを注文したのですが、生パスタが一部だけだと知って、生パスタのものを選べば良かったと後悔しました。
注文してから5分程度で3種チーズのカルボナーラが出されました。
CAFFE&BAR PRONTO (カフェ&バー プロント)の3種チーズのカルボナーラは、麺は硬めでしたが、味付けはとても良く美味しかったです。

pronto.jpg

CAFFE&BAR PRONTO (カフェ&バー プロント)の場所はこちら  福井県福井市中央1-2-1 ハピリン 1F

2016年5月17日

●福福茶屋

今日は、新しくオープンしたハピリン2階にある福福茶屋に入りました。福福茶屋はお土産屋さんの中の一部が飲食ブースになっているって感じです。
店頭にメニューが掲示されていて、そばや、海鮮丼やソースカツ丼、ちらし寿司などもありますが、ほとんどの人が郷土料理バイキング(11:00から14:00限定)626円を注文していました。郷土料理バイキングは、御飯や味噌汁は別(おかわり自由で御飯・味噌汁・漬物で302円)です。
その他に定食としては、のどぐろ塩焼き定食2376円、甘鯛塩焼き定食1598円、むつ照り焼き定食1598円、お造り定食竹1706円、お造り定食梅1382円、越前かれい一夜干し定食1058円などがあります。
観光客が喜びそうな料理のオンパレードです。

入口の方で、席に案内されるシステムになっていて、1人だと言うと大きな相席になっているテーブル席に案内されました。タオルのお手拭きと冷たいお茶が出されました。
今日は郷土料理バイキング626円と御飯(味噌汁・漬物付)302円を注文しました。バイキングの料理をのせるプレートが出されました。
バイキングの料理には、出汁巻き玉子・こんにゃくとちくわの炒め物・ごぼうの甘辛炒め・はたはたの唐揚げ・野菜のかき揚げ・野菜の天ぷら・イカの天ぷら・玉ねぎきゅうりハムのマリネ・卯の花・炒りごんぼ・ぜんまい煮・切り干し大根煮・たくわん煮・新じゃがころころ煮・ポテトサラダ・打ち豆ひじき煮・黒豆煮・煮豆などがありました。
少量ずつ、いろんな種類の料理をのせてきました。でもいつまで待っても御飯が来ません。待ちきれなくて呼びボタンを押して催促しました。
料理は、特別美味しいものは無いのですが、不味いものもありません。
別に御飯が無くても良ければ626円で、お腹いっぱい食べることも可能です。

hukuhukutyaya.jpg

福福茶屋の場所はこちら   福井県福井市中央1-2-1 ハピリン 2F

2016年5月10日

●くずし割烹 ぼんた

今日は、最近オープンしたハピリンに出店した「くずし割烹 ぼんた」に入りました。「くずし割烹 ぼんた」はハピリンの中から入れなく外からしか入れないので、探すのにちょっと迷いました。
店頭にランチタイムのメニューが掲示されていました。日替わり御膳1080円、お造り御膳1620円、贅沢ハピリン御膳2484円があったのですが、立ち席だと8%割引になります。
店内にはカウンター席、テーブル席、小上がりの席があるのですが、座れる席は半分もありません。座れる席は満席でしたが、立ち席は誰も利用していません。座れる席が空いてなかったのと、1人だったこともありカウンターの立ち席にしました。
すぐに熱いお茶と、タオルのお手拭きが出されました。
今日は日替わり御膳を注文しました。日替わり御膳は、小松菜のおひたし、ごろごろ野菜サラダ、あら汁、選べる本日の1品、御飯です。選べる1品は、いさきの胡麻塩焼き、国産ウナギの山椒煮のどちらかを選びます。骨のある魚を食べるのは面倒なので、国産ウナギの山椒煮を選びました。
立ち席だと待っている間も疲れます。でも5分ほどで出されたので良しとしますが、いさきの胡麻塩焼きだともっと待たされたのだと思います。御飯はお替りができるとの説明がありました。お茶は飲み干していたのですが、追加で注いでくれました。
和食の御膳だと、立ち席で食べるのは相当な違和感がありますし、落ち着いて食べることができません。メニューにはアラ汁と書いてあったのに、実際には豆腐の味噌汁でした。味については不味くは無いですが、感動する料理は全くありませんでした。ただ単に1食消費しただけの昼食になってしまいました。元々薄味で地味な和食なのに、立ち席で食べる事によりゆっくりと味わう事ができなかったのも味気なさを増幅したのかもしれません。

くずし割烹 ぼんたの日替わり御膳

くずし割烹 ぼんたの場所はこちら  福井県福井市中央1-2-1 ハピリン 1F