« 2008年12月 | 2009年1月 | 2009年2月 »

2009年1月27日

●チャイナテーブル

今日はワシントンホテル5階にあるチャイナテーブルに行ってきました。
チャイナテーブルの店内は長細い構造になっていて席はテーブル席だけです。5階ですが素敵な庭がつくってありテーブルから良く見えます。
チャイナテ?ブルのランチは週替りになっていてメイン料理を5種類から選びます。今週の料理は辛くない料理としてチキンの黒胡麻炒め、白身魚の甘酢炒め、辛い料理としてホイコーロー、ヘルシー料理として五目豆腐の旨煮、おすすめ料理として五郎島金時の豚肉巻きトースー炒めの5種類でした。ちなみにニンニク入りの料理にはマークがついているので口臭が気になる人にも安心です。
Aランチはメイン料理の他にライス、スープ、漬物付で880円。Bランチはメイン料理の他にライス、スープ、漬物、サラダ、デザート付で1100円、Cランチはメイン料理の他にライス、スープ、漬物、サラダ、デザート、前菜、点心付で1600円でした。
今日はおすすめの五郎島金時の豚肉巻きトースー炒めのAランチを注文しました。

最初に、タオルのお手拭とジャスミンティーを持ってきてくれました。ジャスミンティーはポットごと持ってきたのでお替りは自由にできます。ちょっと待って冷たい水と漬物のザーサイがきて、ちょっと時間をおいて、他の料理が運ばれてきました。盛り付けが美しくて、さすがにホテルのレストランだと感心しました。
チャイナテーブルのランチはライスもスープも料理も量が少ないです。でもライスとスープはお替り自由だということでした。さっそく食べてみましたが、メイン料理の五郎島金時の豚肉巻きトースー炒めとスープの味がしょっぱかったです。豚肉巻きは豚肉の存在感が極めて薄かったです。チャイナテーブルの店員さんの気配りは行き届いているような感じですが、店内の構造が間口が狭くて細長いので全席に目が届きにくく、ランチとスープのお替りをしたかったのですが、大きな声を出す訳にもいかないし、店員さんが近くにこないし、結局お替りできませんでした。ちなみに食事が終わってから、ランチとスープのお替りはよろしいですかと聞かれたのですが、料理が残ってないのにライスとスープだけでは食べることはできないので断念しました。レジにハッカ入りのキャンデーが置いてあったので1ついただきました。

2009年4月に福井ワシントンホテルはホテルフジタ福井に名称が変わりました。

チャイナテーブルのランチ

クーポンあります   チャイナテーブルの場所はこちら  福井県福井市大手3丁目12-20 福井ワシントンホテル5F

2009年1月20日

●らーめん ほくしん

今日はらーめん ほくしんで昼食をとりました。らーめん ほくしんはラーメン屋さんなのですが、今日のお目当ては日替わり定食です。らーめん ほくしんではお店に入る前に今日の日替わり定食のメニューが掲示されています。今日の日替わり定食は回鍋肉682円でした。回鍋肉は大好きなので迷わず日替わり定食を注文しました。らーめん ほくしんには、日替わり定食の他にレバニラ炒め、野菜炒め、豚肉生姜焼き、茄子生姜焼き、回鍋肉などの定食892円もあります。
回鍋肉の日替わり定食には回鍋肉の他に、ご飯とスープと漬物がついてました。回鍋肉は本核的な中華料理とは違いますが、味の濃さもちょうど良いし、ちょっとピリ辛で美味しかったです。
らーめん ほくしんのランチタイムは15:00までです。

らーめん ほくしんの日替わり定食(回鍋肉)

らーめん ほくしんの場所はこちら   福井県福井市新保町5-26-1

2009年1月 8日

●Don Dada(ダンダダ)

2007年9月21日

今日は旧武生(越前市)のカレー屋「Don Dada(ダンダダ)」に行ってきました。
Don Dada(ダンダダ)のカレーには基本的には「定番カレー」と「キーマカレー」と「トマトカレー」の3種類あって、おのおのにいろんなトッピングが入ったカレーがあり全部で15種類以上のカレーがあります。
新しいメニューでココナッツ入りのカレーもあって、そそられたのですが、一番人気の「とろける豚の角煮カレー」を注文しました。「とろける豚の角煮カレー」のルーは定番カレーで990円でした。ちなみに一番安いのは豚カレー700円です。
最初に水をもってきてくれたのですが氷が入っていたのですがぬるい水で、ちょっとがっかりしたんですが、水を飲み干したらポットに氷の入った水を持ってきてくれました。その水は冷たくて美味しかったです。
「とろける豚の角煮カレー」はサフランライスにシャバシャバのカレールーがかけられていて、大きな豚の角煮の塊が2個入ってました。
サフランライスもカレールーも大変美味しかったですし、豚の角煮も文句なしの美味しさでした。
満足しました。
Don Dada(ダンダダ)は火曜日が休みです。

辛さは甘口、普通、辛口、大辛(+50円)、激辛(+100円)、極辛(+150円)が選べます。
量は小盛(170g ?30円)、普通盛(270g)、大盛(400g ルー1.5倍 +150g)、特盛(500g ルー2倍 +300円)を選べます。
お昼には+150円でサラダとドリンクがつくセットと、+350円でサラダとドリンクとデザートがつくセットがあります。

Don Dada(ダンダダ)のとろける豚の角煮カレー

2009年1月8日

今日は久しぶりに越前市のDon Dada(ダンダダ)へ行きました。今日はタンドリー風チキンカレー(800)を注文しました。大盛りで辛さは辛いを頼みました。
ライスはターメリック味の黄色いライスです。ライスの硬さもちょうど良いです。カレーのルーはしゃぶしゃぶで適度におろしが入っていて、ほんのり甘めのライスとの調和が絶妙です。タンドリー風チキンも柔らかくて美味しかったです。Don Dada(ダンダダ)のカレーはお気に入りです。

Don Dada(ダンダダ)のタンドリー風チキンカレー

クーポンを探す   Don Dada(ダンダダ)の場所はこちら    福井県越前市千福町123

2009年1月 6日

●旬味 泰平

今日は、旬味 泰平で昼食をとりました。何度か前を通って、いつかは入ろうと思っていたのですが、店頭に出ている本日の日替定食の内容が好みで無かったりして延び延びになってました。
旬味泰平の店頭に出ている本日の日替定食の説明にはメインの料理だけではなく小鉢の料理の内容まで書かれていて、とても親切です。
旬味泰平の今日の日替定食はさわらのしょうゆ焼き、小松菜ごましょうゆ掛け、せりからし味噌、つけもの、味噌汁、ごはんで900円です。基本的に骨がたくさんあって面倒な料理は苦手なんですが、さわらのしょうゆ焼きだと大丈夫かなということで入ってみました。
旬味泰平のお店にはカウンター席とテーブルが並べられた座敷と個室もあるようです。
カウンターの中の厨房には5人の料理人と盛り付けや接客担当の2人とお店の人が7人もいてびっくりしました。カウンターに座ると暖かいタオルのおしぼりとお茶を持ってきてくれました。
旬味泰平のメニューを見ると日替定食の他に天ぷら定食1100円、あんかけ定食1100円などがあり、日替定食に400円プラスすると刺身付に、700円プラスすると刺身ともう一品付くようです。今日の刺身はイカとブリとマグロのようでした。
今日は日替定食を頼みました。
それほど待つことなく日替定食が運ばれてきました。お茶が無くなっているのに気づいてすぐにお茶を入れてくれました。
さわらのしょうゆ焼は味が少し濃い目でしたが、食感、温かさ、味ともに良く、とても美味しかったです。
小鉢の小松菜ごましょうゆ掛け、せりからし味噌も味に一工夫されていて、とても美味しかったです。
味噌汁は赤味噌で少し濃い目でしたが柚子の香りがして美味しかったです。
旬味泰平の料理は、どれも通り一遍では無く一工夫した味付けがしてあり美味しい料理でした。
満足しました。
旬味泰平には駐車場はありませんが、向かいのコインパークを利用すると、コインが貰えるようです。

旬味 泰平の日替定食

クーポンを探す   旬味泰平の場所はこちら   福井県福井市中央3-14-11